十二支守り本尊
未年の守り本尊

十二支守り本尊マップ

未年の守り本尊の解説とご利益。全国安置神社仏閣の紹介


十二支守り本尊とは?

人には、それぞれ一生一代の守り本尊があり、十二支に基づき八体のご本尊が配され、それを信仰の対象としています。その出所は『三世相大雑書』という占いの古典のなかに明記されています。
 本人の生まれ年のそれぞれの十二支に合わせたご本尊の仏像を身近に安置すれば心安らかな日々が過ごせると言い伝えられいます。
 また、この守り本尊は古来より福を招き、各人の持って生まれた性質の良い点をのばし、悪い点を抑えるよう護っていただける有難い守り仏で、身に付けいると、天恵が受けられます。

未年生まれの守護仏は、大日如来です。

 未年生まれと申年生まれの守護仏は、大日如来です。「太陽の子」という意味があり、あらゆる仏の中で、最高位にあると言われている。
 それにふさわしく宝冠をかぶり、腕輪や耳飾りなど、きらびやかな装身具をつけており、火災ごとき光背が王者の風格を印象づけています。
 手は、左手の人差し指を右手のひらで覆う「智拳印」に結んでいて、最高の判断力である智を表しています。

大日如来の主なご利益

 光明があまねく一斉の所を照らす意味です。
宇宙の実相を仏としたもので、すべての仏・菩薩やすべての現象の根源とされる仏です。

大日如来の特徴

  • 大日如来は知恵と慈悲をもって人と自然と天地の宇宙の根本を司る御仏で、その力は平和と繁栄をもたらすほど壮大です。
  • 大日如来で著名なのは高野山の金剛峯寺、京都の広隆寺などです。
  • 大日如来iのご縁日・・大日如来の縁日は毎月八日です。
    大日如来本尊の御真言・・「おん、ばざら、だとばん」です。
大日如来のさらに詳しい説明はこちらから

未年生まれの人の守り神は大国魂神です

神社関係でお祭りされ、未年の守本尊とされているのは大国魂神

大国魂神とは?
国魂神(くにたまのかみ)とは国土そのものの霊格を信じて、これを国魂神と称えるものであります。日本の国土は、伊邪那岐命・伊邪那美命陰陽二柱の神によって、生れ出た国土です。この国土には、神の霊魂を宿して居ると考え、また、この神霊は又新しい生命を生みだす霊力をもって居られるので、万物を成生化育したまう神としてお祀りするものであります。
また、国魂神は大地守護の神様ともされている。

大国魂神をお祭りしている主な神社

北海道神宮
住所:〒064-8505 札幌市中央区宮ヶ丘474

羊神社
住所:名古屋市北区辻町5−26