十二支守り本尊
午年の守り本尊

十二支守本尊マップ

午年の守本尊の解説とご利益。全国安置神社仏閣の紹介


十二支守り本尊とは?

人には、それぞれ一生一代の守り本尊があり、十二支に基づき八体のご本尊が配され、それを信仰の対象としています。その出所は『三世相大雑書』という占いの古典のなかに明記されています。
 本人の生まれ年のそれぞれの十二支に合わせたご本尊の仏像を身近に安置すれば心安らかな日々が過ごせると言い伝えられいます。
 また、この守り本尊は古来より福を招き、各人の持って生まれた性質の良い点をのばし、悪い点を抑えるよう護っていただける有難い守り仏で、身に付けいると、天恵が受けられます。

午年生まれの守護仏は、勢至菩薩です。

  午年生まれの守護仏は、勢至菩薩(せいしぼさつ)です。
勢至とは、知恵の光明が盛んで、一切を明らかに照らし出し、人々のすべての苦難や迷いから解き離れさせる力が大きく、私たちを安楽の世界へ導く功徳の御仏です。

勢至菩薩の主なご利益  阿弥陀三尊の右方の脇士で智慧を表します。
智慧光をあまねく一斉を照らし、三途を離れさせるのに無上の力を持ち、行って足を投ずれば三千世界及び悪魔の宮殿を震動するといいます。

勢至菩薩の特徴

 勢至菩薩は、阿弥陀如来の右脇侍であり、左脇侍の観音菩薩が宝冠中に化仏を戴くのに対し、勢至菩薩の宝冠中には水瓶の標識があるほかは、あまり区別されていません。
 冠には水瓶を頂き、化仏を頂いた観音様と識別することが出来ます。水瓶には本尊を供養するための水が入っているとも、甘露の宝水を貯えているとも言われています。軽い合掌形が一般的。

勢至菩薩本尊のご縁日・・勢至菩薩の縁日は毎月二十三 日です。
勢至菩薩本尊の御真言・・「おん、ざんさく、そわか」です。

勢至菩薩のさらに詳しい説明はこちらから

午年の守り神は顕国魂大神です

神社関係で午年生まれの人の守り神は・・・顕国魂大神[うつしくにたまのかみ]とされている。
顕国魂大神とは?
宇都志国玉神(うつしくにたま)ともいう。大国主神の別名とされている。

顕国魂大神をお祭りする神社

岩木山神社
住所:〒036-1343 青森県弘前市百沢寺沢27