十二支守り本尊
辰年の守り本尊

十二支守り本尊マップ

辰年の守り本尊の解説とご利益。全国安置神社仏閣の紹介


十二支守り本尊とは?

人には、それぞれ一生一代の守り本尊があり、十二支に基づき八体のご本尊が配され、それを信仰の対象としています。その出所は『三世相大雑書』という占いの古典のなかに明記されています。
 本人の生まれ年のそれぞれの十二支に合わせたご本尊の仏像を身近に安置すれば心安らかな日々が過ごせると言い伝えられいます。
 また、この守本尊は古来より福を招き、各人の持って生まれた性質の良い点をのばし、悪い点を抑えるよう護っていただける有難い守り仏で、身に付けいると、天恵が受けられます。

辰年生まれの守護仏は、普賢菩薩です。

 巳年生まれの守護仏と同じく、普賢菩薩です。
あまねく一切処に現れて賢者の功徳を示すことからこの名がある。

普賢菩薩の主なご利益

 普賢は普遍の法門を受け持つことを意味し、息災延命、行者守護を司り、大いなる優れた力を象徴している。
また、人々を理知と慈悲の徳で永遠に幸福な人生に導いてくれます。

普賢菩薩の特徴

諸仏諸菩薩の中で、一番怜悧な方と言われており、美しい顔立ちで六牙の白象に座し、釈迦如来の右側に侍す脇侍仏です。
普賢菩薩が安置されている寺では、三重の普賢寺、大阪の孝恩寺、京都の岩船寺、奈良の円証寺、文殊院、法隆寺などが有名です。
思わぬ災難も普賢菩薩におすがりすればまぬがれます。
又延命の徳もあるので延命菩薩とも言われています。

普賢菩薩本尊のご縁日・・普賢菩薩の縁日は毎月二十四日です。
普賢菩薩本尊の御真言・・「おん、さんまや、さとばん」。

普賢菩薩のさらに詳しい説明はこちらから

辰年生まれの人の守り神は八千矛神です神社関係の守本尊

神社関係でお祭りされ、辰年の守本尊とされているのは八千矛神(やちほこのおおかみ)です。

八千矛(やちほこのおおかみ)神とは?
矛は武力の象徴の意味があります。八千矛(やちほこのおおかみ)神とは武神としての性格を表しているといわれている。

辰年生まれの人の守り神は八千矛神。神社関係の守本尊

大和神社
住所:天理市新泉町306