巳年の十二支守り本尊



巳年早見表
  大正 6  二黒土星
 昭和 4   八白土星
 昭和16  五黄土星
 昭和28  二黒土星
 昭和40  八白土星
 昭和52  五黄
 平成 1   二黒
 平成13  八白

巳年の守り本尊・・・普賢菩薩(ふげんぼさつ)

巳年の主なご利益・・・息災延命、開運


巳年の守り本尊の特徴 
 普賢菩薩:文殊菩薩と並んで釈迦仏の脇侍として、仏の理・定・行の徳を司ります。「華厳経」普賢行願品には十大願を発し、また普賢十羅刹女像のように「法華経」の誦持者を守護すると説き、文殊とともに諸菩薩の上首として単独でも信仰されています。

 六牙の白象に乗ることで有名です。密教では金剛薩垂(こんごうさった)と同体とし、胎蔵界曼茶羅中台八葉院の東南隅にあって、左手に剣を立てた蓮華を持ち、右手は三業妙善の印(掌を上向けて薬指と小指を曲げています)。 特に延命を修する本尊を普賢延命菩薩といいます。

 普はあらゆるところに遍じている意味です。賢は最も妙善の意味です。さとりを求める心がおこす願いや行がすべて平等で、ありとあらゆるところに遍じ、そのこころが妙善である菩薩の意味です。


巳年守り本尊とご真言
  普賢菩薩
 「おん さん まや さとばん」


巳年守り本尊のご縁日
  毎月24日





本サイトに掲載されている一切の情報の無断転載を禁じます。
←前のページへ             次のページへ→